【Androidの基本テク】ロック画面にセキュリティ認証を設定して端末を不正使用から守れ

連絡やスケジュールなど様々な機能や情報が詰まった端末は、他人に無断で使用されてしまうと様々な被害が生じる恐れがある。他人が不正使用できないように、スリープからの復帰時にパスワードの入力などを求めるロック画面を設定しておこう。
Androidでは、パスワードや暗証番号(PIN)の他に、点を指でなぞる順番を鍵とする「パターン」方式や、フロントカメラで顔認識を行なって認証する「フェイスアンロック」などの認証方式が選択可能だ。安全性ではパスワードが一番だが、手軽さを求めるならパターンやフェイスアンロックを選択するといいだろう。
なお、機種によっては指紋認証などの独自機能が追加されていることもあるぞ。

頻繁にロック画面が表示されると鬱陶しい場合は、スリープさせてからロックがかかるまでの待ち時間を設定することも出来る。
また、Android4.2以降では、ロック画面にウィジェットを設置することが可能だ。ウィジェットの機能はロックを解除することなく素早く利用できるので、頻繁に使う機能をウィジェットとして設置しておけば、セキュリティを維持しつつ使い勝手を高められるぞ。


001

ロック画面の認証機能を設定するには、Androidの設定画面でやや下にスクロールすると見えてくる「セキュリティ」に進もう。


002

「画面のロック」で認証方式の設定を行える。


003

ロック方式の選択画面が表示されるので、使用したい方式を選択しよう。「PIN」というのは暗証番号(Personal Identification Number)のことだ。
ポケットの中などでの誤動作の防止のみを行う「スワイプ」や「スライド」などの方式や、ロック画面を完全に非表示にする設定も用意されている。
なお、既にセキュリティ設定済みの場合は、変更の前に確認のために設定したパスワードなどの入力を求められるぞ。


004

ロック解除方式を選択すると、設定の入力画面が表示される。確認のため、2度の入力を求められるので、同じ内容を入力しよう。


005

セキュリティロックを設定すると、「自動ロック」と「電源キーですぐにロック」の設定が表示される。


006

「自動ロック」では、スリープした後ロック画面を表示せずに電源ボタン一発で復帰できる時間を設定できる。長めの時間を設定しておけば、安全性は低下するが、ロック解除の手間を軽減できるぞ。
「電源キーですぐにロック」を有効にしている場合は、操作せずに放置した場合の自動スリープ時のみ遅延ロックが行われる。


007

「所有者情報」の設定では、ロック画面に表示するテキストを設定可能。紛失した端末を拾った人などに向けて、連絡先などの情報を設定しておくといいだろう。


008

設定したロック解除方式は、次にスリープしたときから有効になる。「PIN」方式の場合、ロック解除時はこのような数字パッドで素早い入力が可能だ。


009

パスワード方式の場合は、ソフトウェアキーボードでの入力となるため、PINより面倒くさいが、堅牢性は抜群だ。



パターン方式のロックを設定


010

ロック解除方式を「パターン」に設定すると、このようなパターン設定画面が表示されるので、9つある点のうち好きなものからタッチを開始し、4つ以上の点を経由して指を離し、パターンを設定しよう。


011

パターンを忘れたときのために質問に対する答えを入力することでもロック解除できるようになっているが、身近な人なら調べられそうな質問や、答えが変わってしまって自分でも分からなくなりそうな質問ばかりで、あまり良い質問が用意されていない。


012

質問の内容は無視して、パスワードのような無意味で複雑な文字列を設定した方がいいだろう。


013

ロックパターンを設定すれば、このようなロック解除画面が表示され、設定したパターンを入力することで解錠できる。
なお、頻繁にロック解除を行なっていると、なぞった跡が画面に残ってパターンを推測されてしまう恐れがあるので注意が必要だ。画面の皮脂汚れなどはこまめに拭くようにしよう。



素早い解錠が可能なフェイスアンロックを設定


014

ロック解除方式の選択画面で「フェイスアンロック」を選択すると説明が表示されるので、右下のボタンをタッチして先に進もう。


015

このような画面が表示されたら中央の枠に自分の顔が収まるように端末の向きを調節し、点の色が全て黄緑に変わるまで待とう。


016

顔の特徴の収集が完了するとこのような画面になるので、右下の「次へ」をタッチしよう。


017

顔認識が上手く行かないときのために、パターンか暗証番号の設定を求められるので、好きな方を選択して設定を行なおう。


018

フェイスアンロックを設定すると、「顔認識の精度を改善」と「生体検知」の設定が現われる。ロック解除時に認識が上手く行かなかった場合は、「顔認識の精度を改善」でその時の写り具合を学習させよう。
「生体検知」を有効にすると、顔を映した後に目を閉じているところを認識させないと解錠されなくなり、顔写真などによる不正解錠を防止できる。


019

フェイスアンロックを有効にした状態でスリープを解除すると、このような画面でフロントカメラの映像が表示されるので、枠内に自分の顔が映るように端末の向きを調節しよう。最初から枠内に収まっていればほとんど一瞬で解錠されるぞ。
なお、「生体検知」を有効にしていれば「まばたきをして下さい」と表示されるが、目を閉じている時間が短いと認識されないので注意しよう。まばたきと言うには長めの時間目を閉じる必要があるぞ。



ロック画面にウィジェットを設置


020

Android4.4以降では、ロック画面のウィジェット機能は初期状態では無効化されている。画面のロックの下の「ウィジェットの有効化」などのチェックをオンにしておこう。


021

ロック画面ウィジェットを有効化していると、ロック画面の左端を右にドラッグすることで画面を切り替えられるようになる。


022

大きな「+」をタップすると、新たなロック画面ウィジェットを設置できる。


023

インストールされているアプリが提供するロック画面ウィジェットの一覧が表示されるので、設置したいロック画面ウィジェットを選択しよう。なお、ロック画面で利用できるウィジェットはホーム画面のものとは異なるが、最近のアプリなら両方のウィジェットが用意されていることが多いぞ。


024

ロック画面にウィジェットを追加すれば、素早く情報を確認したり便利な機能を利用できるようになるぞ。ロック画面のウィジェットは1ページに1つ限りで、左右スワイプで他のウィジェットの画面に切り替えられる。


025

ウィジェットを下にドラッグすると、表示領域を広げられる。メールなどの情報表示系のウィジェットで、多くの情報を確認できるぞ。


026

ウィジェットを長押しするとこのような整理画面になり、順番を入れ換えたり「削除」にドロップすることで削除を行なえる。画面を点灯したときは、一番右に配置したウィジェットが表示されるようだ。

関連記事

2014年06月09日07時12分 公開 | カテゴリー: セキュリティ | キーワード: | Short URL
このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事