LED電球はリモコンで操作可能だって知ってた?


タイトルの通りで、実は室内用の蛍光灯タイプのLED電球(なんだか言い方がややこしいが、すべて一般に普及している用語のままで述べた)を買ってくると、リモコンが付属してくるのである。このリモコンを使うと、電球のオン・オフや光量の調節などを行えるようになる。それはそれで非常に便利なのだが、調子に乗って使っているとある時はたと残酷な事実に気がつくことになる。それは「また余計なリモコンが部屋の中に増えてしまった…」である。


すでにあるものをリモコン代わりにすれば問題解決!

上海問屋の「DN-11043」は、「スマホで明るさや色合いを自由に調節できるブルートゥースLED電球」である。Bluetooth対応なので、部屋の中に設置後そこらのBluetooth対応のスマホを近づけてやればペアリングができるようになり、一度ペアリングして専用のリモコンアプリをインストールしてやると、電球のオン・オフを行ったり、明るさや色合いを調整できるようになる。要するに普通のLED電球を買ってきた場合に付属する専用のリモコンの代わりに、手持ちのスマホを利用できるというものだ。アプリには音楽プレーヤーと連動して照明の色を変えるという、通常なら何に使うのかわからない機能もある。メーカー側の説明によれば、これはパーティーの時などに使えばいいというのだが、自宅警備員に対してどう活用しろとは書いてない。ちなみに現時点ではアプリの方はiOS7以上に対応とのことで、Androidスマホでは使えない。ただしアプリ一本作ればいいだけの話なので、さほど時間をおかずに対応してもらえるものと思われる。

ブルートゥース LED電球(7W) E26口金 DN-11043

関連記事

2014年06月26日00時15分 公開 | カテゴリー: 端末・周辺機器・サービス | キーワード: | Short URL
このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事