【スマホ予定管理】ホーム画面や通知で予定から終電情報までを自動チェックできる「Google Now」連携は激便利!

Androidスマホは、「Googleカレンダー」に登録した予定を、スマホ全体で連携させる機能が激しく便利だ。例えば、飲み会の予定を登録しておけば、「そろそろ出発しないと間に合わないよ」と教えてくれるし、飲み会中には「家に帰るための終電は何時だよ」と教えてくれる。重要情報を自動で教えてくれる秘書、という感じだ。

これらの機能を使いこなすために欠かせないのが、「Google Now」。一言で言えば、「今の自分にとって大事な情報を自動で選別して表示してくれるアプリ」だ。「Google Now」と、そのウィジェットを使いこなせば、Androidスマホによる予定管理は超絶的に便利になるぞ。

「Google Now」の概要と呼び出し方

「Google Now」は、本文通り、「今の自分にとって大事な情報を自動で選別して表示してくれるアプリ」だ。例えば、現在地や自宅、職場などの天気予報、付近のオススメ店、自宅や職場への経路情報、Amazonで購入した商品の配送状況などなど、様々な情報を自動で取得し、カード形式で表示してくれるのだ。

そして重要なポイントは、「Googleカレンダー」に登録した予定とも連携すること…なのだが、まずは「Google Now」の概要や、その呼び出し方を確認しておこう。

Google検索 - Google Play の Android アプリ

「Google Now」は、「Google検索」アプリに同梱されている。現在地周辺の天気予報や、職場への経路情報などが、カード形式で表示されるはずだ。



Androidバージョンによっては、ホームボタン長押しで表示される「Google」ボタンから起動したり、ホーム画面を一番左にスライドさせることで起動したりすることもできる。

「Google Now」ウィジェットをホーム画面に置くべし

「Google Now」には、ウィジェットもある。「Google Now」を起動した時に一番上に表示されるカード、つまり今の自分にとって最も重要な情報を、ホーム画面上にコンパクトに表示させることができるぞ。



通常のウィジェットと同様の方法で、「Google Now」ウィジェットをホーム画面に置こう。デフォルトでは4x4のサイズだが、縦幅を狭めるのがオススメ。特に重要な情報がない場合には、現在地周辺の天気予報が表示される。つまり、基本的には天気予報ウィジェットとして利用できる。

そして、天気以外に重要な情報がある場合には、その情報が表示される。例えば後述通り、「Googleカレンダー」に予定を登録しておけば、その予定が迫ってきた時、「Google Now」ウィジェット上で教えてくれるぞ。

「自宅」「職場」の住所を教えておけば機能が増える



「Googleマップ」アプリの「設定」「自宅や職場を編集」で、自宅と職場の住所を登録しておこう。



朝~午前中に自宅周辺などにいる場合は職場までの時間、夕方~夜に職場周辺などにいる場合は自宅までの時間が、「Google Now」ウィジェット上に表示されるようになる。タップして「Google Now」を開けば、経路検索までを超簡単操作で開くことができるぞ。

「Googleカレンダー」「Googleマップ」との連携機能



ここまでの作業を行っておけば、「Google Now」は、「Googleカレンダー」や「Googleマップ」などと、超スマートに連携するようになる。
例えば、「Googleカレンダー」に飲み会の予定を登録しておくと、集合時刻が迫ってきた時、ホーム画面上でその旨を教えてくれるし、現在地からいつ出発すれば良いのか、通知で教えてくれる。そして飲み会中は、自宅に帰るための終電が迫ってきた時、終電が何時何分かを教えてくれるのだ。
正に、重要情報を自動で教えてくれる秘書、という感じだぞ。

関連記事

2014年01月29日12時17分 公開 | カテゴリー: ライフハック | キーワード:, , | Short URL
このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事