自宅でのみスマホのパスコードを無効にする「SkipLock」の最新ベータ版が無料公開中

ロック画面にパスコードを設定しておかないと、万一スマホを紛失/盗難した場合に、内部のデータを覗かれてしまって危ない。しかし家にいる時に毎回毎回パスコードを入力するのは面倒だ。
Androidでは、この問題を解決するための方法として、「自宅の無線LANに接続している間のみパスコードを無効にするアプリ」というものがある。自宅の無線LANに接続している、即ち自宅にいる場合には、ロックボタンを付ければすぐにホーム画面が表示されるし、接続していない、即ち外出中の場合は、パスコードのロック画面が表示される。
この手のアプリとして「定番」となっている「SkipLock(旧名:Unlock With WiFi)」が、モダンなインターフェイスに生まれ変わった最新ベータ版を、公式版リリースまでの間限定で無料公開している。現在他の同種アプリを使っている人も使っていない人も、一度インストールして試してみては?

[APP][4+] SkipLock Beta - Skip the lock screen (Formerly Unlock With WiFi) - xda-developers



XDAのフォーラムから「.apk」ファイルをダウンロードしてインストールする。警告が表示されるが「有効にする」。

ロック画面解除用のパスコードを設定する。



自宅無線LANに接続した状態で初期設定を行おう。右上「+」「WiFi」をタップすると、現在接続中の無線LAN、つまり自宅無線LANが表示されるので「Add Network」。

この上で、本体設定の「セキュリティ」で、自宅にいる場合のロック設定を行っておく。「なし」か「スライド」で良い。

以後、外出中にはパスコードのロック画面、家では「なし」か「スライド」のロック画面となる。

「SkipLock」最新ベータ版には、自宅無線LANから切断された時点でWiFi設定自体を無効にする機能や、外出中にはシステムの同期を無効にする機能なども搭載されている。人によっては重宝する機能だろう。

関連記事

2013年11月13日22時48分 公開 | カテゴリー: 便利化・快適化 | キーワード:, | Short URL
このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事