本格ペイントアプリ「SketchBook Mobile」がAmazonで10月25日限定無料に!

ネット通販大手のAmazonが運営するAndroidアプリストアは、日替わりで特定のアプリを無料でダウンロードできる「本日限定無料アプリ」のコーナーが特徴だ。
10月25日の無料化アプリは、Autodesk Inc.の「SketchBook Mobile」。本格的な機能を備えたペイントアプリだ。
エアブラシなどの多彩な描画ツールや、カンバスを複数の層に分けて別々に編集できるレイヤー機能など本格的な機能を備え、マルチタッチによる拡大縮小なども可能で操作性も良い。
無料版である「SketchBook Mobile Express」でもかなり多機能だが、有料版では利用できる筆の種類の大幅に追加され、直線や長方形、楕円を描画する機能や、レイヤーの移動や回転、拡大縮小機能の追加、レイヤー数の上限も緩和されるなど、さらに高性能になっている。
通常価格も196円と手頃で、何度か値引きセールも行なわれているので、既に持っている人も多いかも知れないが、まだ持っていない人はぜひこの機会にゲットしておこう。

Amazon.co.jp: Android アプリストア



001

画面の下部にある小さい円をタッチすることで、このようなメニュー画面が表示される。
中央の円は左右ドラッグで線の太さ、上下ドラッグで不透明度(濃さ)を変更。上、右上、右、右下の4つは主要なペンへの切り替え。左上は1つ前のペンへの切り替え。左は塗り潰しモード、左下は消しゴムへの切り替え。
下部の矢印ボタンでは、直前の操作の取り消しややり直しが可能。


002

メニューの下側のアイコンでは、テキストの貼り付けを行なえる。文字列を入力してフォントを選択したら、ドラッグで移動して貼り付け位置を決めよう。上部のツールバーで回転や拡大縮小、色や不透明度の調節も可能だ。


003

メニュー画面上部ツールバーの右から2番目のアイコンで、筆の詳細な設定を行なえる。


004

筆質プレビューの下の右側にあるスライダーのアイコンをタッチすると、パラメータを調整して更なるカスタマイズが可能だ。


005

筆設定画面の上部右側の円のアイコンをタッチすると、筆の色の変更画面に切り替わる。


006

色設定画面で左上の小さな円のアイコンをタッチすると、このようなカラーパレットに切り替わり、よく使う色を素早く選択できる。上部の横長の四角形をドラッグ&ドロップすれば、作成した色をパレットに登録することが可能だ。


007

メニュー画面ツールバー右から3番目のボタンでは、フリーハンドから直線や長方形、楕円の描画モードに切り替えられる。


008

ツールバー左から2番目のボタンでは、画像の移動や回転、拡大縮小を行なえる。


009

画面の2本指タッチでのピンチ操作で、表示範囲の拡大・縮小が可能だ。メニュー画面右上のボタンで画面いっぱいの表示に戻れる。


010

ツールバー右端のボタンでは、レイヤ一覧が表示される。左上の「+」ボタンでレイヤを追加でき、ペンなどの描画は選択状態のレイヤーに対して行なわれる。
各レイヤーの右上の眼のアイコンは表示・非表示の切り替え、右下のアイコンは編集ロックの切り替えが可能だ。「標準」と書かれたボタンでは、レイヤの描画モードを変更でき、「↓」ボタンで下のレイヤとの結合が可能。
なお、メニュー画面左上のボタンでは現在のレイヤーの内容が消去される。

関連記事

2013年10月25日00時59分 公開 | カテゴリー: マルチメディア | キーワード: | Short URL
このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事