実売1万円前後で手軽に購入できる7インチタブレット「M703S JP2」

7インチタブレットはコンパクトで重量も軽く、気楽に使えるのがメリットだ。恵安から発売された「M703S JP2」は、Android 4.2を搭載しつつ、1万円前後という低価格な7インチタブレット。性能は高くないものの安価なので、さまざまな用途に手軽に利用できるぞ。

Android 4.2を搭載。microSDカードスロットも装備

130730-m703sjp2_01M703S JP2」は、Android 4.2を搭載した低価格な7インチタブレット。CPUに1.2GHzの「RK2928 Cortex-A9」を採用。メモリは1GB、ストレージは8GBを搭載する。このほか30万画素のフロントカメラ、microSDカードスロット、MiniHDMIポートなどを搭載している。サイズは幅115.5×高さ190.5×厚さ11.2mmで、重量は310gだ。

液晶は800×480ドットと解像度は低めで、スペックは低価格機らしくさほど高くはない。ただ1万円前後で購入できるので、居間に置いておいてデジタルフォトスタンド代わりにしたり、玄関やトイレなどに常備してこまごまとした用事に使うなど、低価格機ならでは気楽な使い方ができる。とにかく安く、そこそこのタブレットを手に入れたいという人に適した1台だ。

130730-m703sjp2_02130730-m703sjp2_03130730-m703sjp2_04


KEIAN アンドロイドタブレット 7インチ ブラック M703S JP2

製品情報

☆そのほかの新製品発売スケジュールはこちら→スマホ新製品ニュース - あんスマ

関連記事

2013年07月30日23時37分 公開 | カテゴリー: 端末・周辺機器・サービス | キーワード:, | Short URL
このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事