バッファロー、QRコードでスマホから初期設定できるWi-Fiルーター発売

31woxwb-21L31C9JMpThgL

自宅にインターネット回線があるならば、スマホを購入したら高速なWi-Fi通信を利用するのがオススメだ。しかし、パソコンに慣れてない人は、なじみのないネットワーク専門用語が並ぶ説明書を読むのが大変という理由で設定を行わず、3GやLTEで使い続ける人も多い。バッファローから発売されたWi-Fiルーター「WHR-600D」なら、QRコードでスマホ・タブレットから初期設定できるぞ。

スマホ・タブレットだけで初期設定を含むインターネット初期設定が完了

312yzM74wcL41HnRJ1w6OL31SgL7VPCLL

WHR-600D」は、11n/aと11n/g/bのデュアルバンドに対応した無線LANルーター。電波干渉に強く映像の視聴に最適な11n/a通信が可能なため、11n/a対応のスマホやタブレットユーザーにオススメしたい。さらに対応機種が豊富な11n/g/b接続にも対応しているため、ゲーム機などでもWi-Fiインターネットを楽しめる。

そして、本製品の最大のウリは、QRコードでスマホ・タブレットから初期設定できること。まずはGoogle プレイから専用アプリ「QRsetup」(無償)をダウンロードしてインストール。スマートフォン・タブレットに付属するQRコードを読み込むだけで、インターネットの接続やセキュリティー設定を簡単に行うことができる。

QR6

さらに、2台の無線LAN親機間の無線通信機能をサポート。通信距離の延長や、電波の届かない死角エリアへの中継ができる。もちろん、他社製の無線LAN親機や従来製品からの中継に利用可能だ。なお、これまで使っていた無線LANルーターとの接続のさいには、親機の設定を変更する必要はない。

また、有線ポートに挿せば無線LAN子機としても使用可能となり、パソコンなど有線機器を無線化できる。LANケーブルをとり回したりする手間がないので快適にインターネットを利用できるのだ。

WHR-600D」の実売価格は7254円程度。スマホやタブレットで動画をサクサク再生したい人、ルーターの初期設定が面倒な人は、ぜひとも購入を検討してほしい。

BUFFALO Qrsetup 11n/a/g/b 300Mbps 無線LAN親機 WHR-600D

製品ページ

☆そのほかの新製品発売スケジュールはこちら→スマホ新製品ニュース - あんスマ

関連記事

2013年07月20日14時49分 公開 | カテゴリー: 端末・周辺機器・サービス | キーワード:, | Short URL
このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事