圧縮・非圧縮を素早く切り替えられて録音できる「X3-サウンドレコーダー&ビジュアルプレイヤー」

X3-サウンドレコーダー&ビジュアルプレイヤー」は、端末のマイクが拾った音声をファイルに保存して再生できるサウンドレコーダーアプリだ。再生する音声に連動してカッコいいビジュアルエフェクトが流れるのが特徴となっている。

見た目の派手さだけでなく、使い勝手にも配慮して設計されている。起動時に表示されるメイン画面には、録音開始ボタンや過去の録音のリストに加え、保存形式を選択するボタンも用意されており、素早く目的に合った形式での録音が可能だ。
会議などの長時間の録音には省サイズのMPEG4や3GPPの形式を、少しでも高音質に保存したい場合は音質劣化の無い無圧縮のWAVE形式を使うといいだろう。

X3-サウンドレコーダー&ビジュアルプレイヤー - Google Play の Android アプリ



001

起動時に表示されるメイン画面で、右下の「Format」ボタンを押せば、このようなメニューが表示され、保存形式を変更できる。


002

左下の「start recording」ボタンを押せば録音が開始される。


003

下部中央の「stop recording」ボタンを押すと録音が終了し、上部の一覧に項目が追加される。


005

一覧の項目をタップすると再生画面に切り替わり、下部中央のボタンで再生を開始できる。シークバーで任意の時点にジャンプできる他、下部左右のボタンで5秒ずつのスキップや巻き戻し、前後の項目への移動が可能。面画面に戻るには、上部の「RECORD」タブをタップしよう。


004

項目を長押しするとこのようなメニューが表示され、項目名の変更や項目の削除が行なえる。「share」では、メールアプリやオンラインストレージアプリなどの「共有」コマンド対応アプリに受け渡すことが可能だ。

関連記事

2013年06月11日04時22分 公開 | カテゴリー: ライフハック | キーワード: | Short URL
このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事