【Llama活用】通信のON/OFFなどをショートカットから手動で一括実行

自動化アプリ「Llama」を使えば、自宅や職場などの現在位置に応じて設定の変更などの動作を自動実行させられるが、普段とは違う設定で利用したくなることもある。例えば、自宅にいるが充電が出来ない状況のため節電設定にしたい場合や、外出中だが電源を確保できる場所にいるので節電なしでバリバリ使いたい場合などだ。
その時だけ設定画面から手動で切り替えてもいいが、毎回いくつもの設定を切り替えなければならないのは面倒くさい。

Llamaには、あらかじめ定義した動作をショートカットから自動実行する機能が用意されているので、頻繁に利用する設定はショートカットから一括で切り替えられるようにしておくといいだろう。
ショートカットの作成には、既存のイベントの動作から選択する方法と、「動作を作る」でその場で定義する方法が存在するが、設定の一括切り替えなどの場合、後から動作を修正しやすい前者の方がオススメだ。

Llama - Location Profiles - Google Play の Android アプリ



イベントの動作を実行するショートカットを作成



001002003


まず、Llamaのメイン画面の「イベント」タブで右下の「+」ボタンを押して新規イベントを作成し、条件は登録せずにショートカットから実行させたい動作だけを登録しよう。
既存の自動実行イベントに割り当てられた動作をそのまま実行させたい場合は、この手順は不要だ。


004

ホーム画面のメニューなどからショートカットの作成画面を表示し、「Llama」を選択しよう。


005

動作の一覧が表示されるので、作成したイベントを選択しよう。


006

ショートカットのラベルとして表示する名前を入力する画面が表示されるので、必要に応じて変更しよう。


007

作成されたショートカットをタップすれば、動作が実行されるぞ。



既存のイベントを使わずその場で動作を作成



010009008


動作選択画面で青色で表示されている「動作を作る」を選択すれば、このような画面でその場で動作定義を作成することも可能だ。この方法で作成した動作は、「イベント」欄で後から修正することが出来ないが、イベント一覧を肥大化させずに済むので、適宜使い分けよう。



ショートカットを作らず既存のイベントの動作を実行


011

なお、Llamaメイン画面の「イベント」では、項目のロングタップメニューから「動作させる」を選択すれば、登録された動作をその場で強制的に実行させられる。ショートカットを作るほど頻繁には使わない場合などに使ってみよう。

関連記事

2013年04月30日21時31分 公開 | カテゴリー: 便利化・快適化 | キーワード:, | Short URL
このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事