連続撮影や書類の矩形補正などカメラ機能が向上したEvernoteアプリver.5公開!

手軽にメモをサーバ上に保存できる人気サービス「Evernote」のAndroidアプリのバージョン5が公開された。目玉となる改良点は、内蔵されたカメラ機能の大幅強化だ。複数の書類を連続して撮影できる他、書類の領域を認識して切り出して角度を補正してくれるページカメラモードも追加された。従来だと「CamScanner」などの文書撮影アプリと組み合わせる必要があったのが、Evernote単体で事足りるようになったのだ。

他にも、よく書き足したり参照するノートを「ショートカット」に登録しておいて素早く開く機能や、プレミアムアカウントでノートに添付したオフィス文書ファイルの内容を検索できる機能なども追加され、より便利で使いやすくなっているぞ。

先日、Googleからもオンラインメモサービス「Google Keep」が公開されたが、画像や音声メモの機能はEvernoteに比べるとかなり貧弱。今後のアップデートで強化されるだろうが、当分の間はEvernoteの定番の座は安泰かも知れない。

Evernote - Google Play の Android アプリ



001

書類などを保存したい場合はノート作成画面で「+」ボタンを押して表示される添付メニューで「ページカメラ」を選択しよう。


002

内蔵のカメラが起動するので、緑の撮影ボタンを押そう。ページカメラと通常のカメラは、右下の書類のアイコンで切り替え可能。カメラ映像の周囲に黒い半透明の枠が表示されていればページカメラモードだ。ページの切り抜き処理には若干秒かかるので、切り抜き処理が難しそうな場合は通常モードで済ませた方がいいだろう。


003

撮影すると右下の撮影枚数表示が増え、枚数をタップすると縮小画像一覧がポップアップする。


004

縮小画像をタップすると大きな画面で確認できる。失敗した場合は左下の削除ボタンをそう。


005

右下の決定ボタンを押せば、撮影した画像がノートに添付されるぞ。


007

書類などを撮影した画像を添付してアップロードすれば、書類中の文字がOCR(光学文字認識)で認識されてキーワード検索の対象になるぞ。、EvernoteのOCRでは「人」と「入」のようなどちらの文字かはっきりしない文字はどちらの文字で検索出来るようになっており、検索漏れが少なくなっている。


006

ノートの一覧や内容表示画面で画面右端からスワイプを行なうと、ショートカットに登録したノートの一覧が表示される。現在表示中のノートが未登録の場合は「+」アイコンが表示され、アイコンをタップすればショートカットに追加できるぞ。

関連記事

2013年03月26日18時20分 公開 | カテゴリー: 文書編集 | キーワード:, | Short URL
このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事