スマホと一緒に持ち歩け、どこでも投影できる超小型HDMIプロジェクター

51XUrle0OXL41Wh7Pt-k3L

最近はビジネスでのプレゼンテーションで、プロジェクターを使う機会が増えてきた。また個人用途でも、みんなで集まって家飲みをしているときなどに、プロジェクターで壁にパッと動画や写真を映したりすると盛り上がること間違いなしだ。「でもプロジェクターってデカくてジャマだし……」という人には、サンワダイレクトから発売されたHDMIモバイルプロジェクター「400-PRJ018」がオススメだ。

DLP・MHLスマートフォン対応で85ルーメンの明るさを実現!

41l-wvJNPpL41QsInT5OUL

400-PRJ018」は、HDMI機器から出力した映像を、スクリーンに映し出すことができる超小型のプロジェクター。完全なデジタル処理で画像を作成する「DLP」を採用しており、色再現性に優れ、鮮明な投影が可能なのが特徴。小型ながら85ルーメンの高い輝度を誇っている。またスピーカーを内蔵しているため、音声も同時に楽しむことができる。

本製品にはバッテリーが内蔵されており、ACアダプタがなくても約1.5時間の連続投影が可能。入力端子はHDMI。最近のタブレットやスマホでは、HDMIやミニHDMI端子で映像出力できる機種が増えているので、それらの製品であれば400-PRJ018に接続して映像を投影でいる。また機種によってはmicroUSB→HDMIの変換を行う「MHLケーブル」を使えば、HDMIでの映像出力が可能となる。

このほか、パソコンやDVDプレーヤーをつないで大画面で映像を楽しむなど、使い方はいろいろ考えられる。本製品の本体サイズはW99×H20.5×D99mmで重量は230g。投影解像度は854×480ドットで、スクリーンサイズは10~60インチ目安だ。

またACアダプタや三脚も付属する。実売価格は4万2800円で、本体カラーはホワイトブラックが用意されている。サンワダイレクトのサイトには、対応スマホも記載されているので、購入を検討している人は参考にするといいぞ。

サンワダイレクト HDMI小型プロジェクター モバイルプロジェクター DLP・MHLスマートフォン対応 85ルーメン ブラック 400-PRJ018BK
サンワダイレクト HDMI小型プロジェクター モバイルプロジェクター DLP・MHLスマートフォン対応 85ルーメン ホワイト 400-PRJ018W
製品情報

☆そのほかの新製品発売スケジュールはこちら→スマホ新製品ニュース - あんスマ

関連記事

2013年03月11日20時47分 公開 | カテゴリー: マルチメディア | キーワード:, | Short URL
このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事