Ubuntuスマートフォンライクに設定やタスクを切り替える「Sidebar」

LinuxベースのOS「Ubuntu」の開発元がもうすぐリリースする予定のスマートフォン用OS「Ubuntu for phones」が搭載されたスマートフォン、Ubuntuスマートフォンは、今年10月に発売される予定だ。一足先に、Ubuntsuスマートフォンの特徴であるタスク切り替え方法を、Androidでも実現するためのアプリが登場している。画面端から画面内に向かってスワイプ操作を行うと実行中タスクが並んだサイドバーが表示され、簡単にタスク切り替えを行うことができる、という仕組みだ。
「Sidebar」は、上記の操作で表示されるサイドバー内から、お気に入りアプリの起動のみならず、無線LANのオン/オフなど、主要な設定切替もできる、というアプリ。タスク切替や設定切替がラクになるぞ。

「Sidebar」にお気に入りアプリや設定切替ボタンを登録

「Sidebar」の導入後、画面の左端(後述する設定で変更可能)から画面内へのスワイプ操作を行うと、アニメーション付きで「Sidebar」のサイドバーが表示される。ホーム画面上でも、アプリ画面上でも同様だ。よく使うアプリや、よく変更する設定を登録しておこう。
なお、「Sidebar」には無料版と有料版があり、無料版では一部設定を変更できないなどの制限がある。まず無料版を入れてみて、気に入ったら有料版を購入する、という順序が良いだろう。


Sidebar Lite - Google Play の Android アプリ
Sidebar Pro - Google Play の Android アプリ

「Sidebar」の導入後、画面上半分の左端から画面内へのスワイプ操作でサイドバーを呼び出す。初期状態では標準の電話帳アプリなどが登録されている。「+」アイコンをタップ。



Wi-Fiや画面回転などの各種設定や、インストール済みアプリなどがリスト表示される。サイドバーに登録したい項目をタップ。登録されている項目を削除するにはロングタップ「DELETE」だ。



よく使う設定や、お気に入りアプリなどを登録していこう。ホーム画面上でもアプリ上でも、同様の操作でサイドバーを呼び出すことができる。

「Sidebar」の設定を変更する

設定を変更する場合は、通知内の「Sidebar」をタップ。

設定ウインドウが表示される。無料版では一部項目がグレーアウトされており、設定を変更することができない。また、この画面で点滅しているバーが、「Sidebar」の呼び出し領域だ。スクリーンショットだと分かりにくいが、画面左端の上半分になっている。これを変更したい場合は、一番下の「Position」で。

関連記事

2013年02月27日01時24分 公開 | カテゴリー: 便利化・快適化 | キーワード:, | Short URL
このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事