薄型だけど高音質!Bluetooth対応ポータブルスピーカー2機種がソニーから

130221-a-sonysp03130221-a-sonysp01

Bluetoothスピーカーは、ワイヤレスでスマホと接続でき、ヘッドホンなしでゆったり音楽を聴けるので1台持っていると何かと重宝する。ソニーから発売された「SRS-BTX500」「SRS-BTX300」は、薄型でありながら高品位な音質を実現したポータブルスピーカー。NFC対応スマホならワンタッチでペアリングできるぞ。

NFC対応スマホにワンタッチでペアリング。バッテリーも内蔵

130221-a-sonysp02130221-a-sonysp04

SRS-BTX500」「SRS-BTX300」は、Bluetooth対応のポータブルスピーカー。約65mm(SRS-BTX500)、約58.5mm(SRS-BTX3000)と薄型ながら、高音質を実現しているのが特徴だ。また「NFC」に対応したスマホであれば、スマホをかざすだけでBluetoothのペアリングを行うことができる。Bluetoothはver3.0で、A2DP/AVRCP/HSP/HFPの各プロファイル対応。内蔵マイクを使ってのハンズフリー通話も行える。

SRS-BTX500」は、独自開発の「磁性流体(Magnetic Fluid)」サスペンション構造をサテライトスピーカーユニットに採用。スピーカーの音響特性を補正して、上質なサウンドを再生する「クリアフェーズテクノロジー」も搭載したハイエンドモデルだ。

また両機種とも、リチウムイオン充電池を内蔵しており、「SRS-BTX500」で最大約6時間、「SRS-BTX300」で最大約8時間の連続再生に対応。さらにUSBポートを使って、スマホなどの充電にも利用できる。SRS-BTX300は、側面にスタンドが配置されており、持ち運びに便利なデザインとなっている。

サイズはスタンドを閉じた状態で、SRS-BTX500が約385㎜×約152㎜×約65㎜・約2000g、SRS-BTX300が約341㎜×約115㎜×約58.5㎜・約1600g。SRS-BTX500はカラーはブラックのみで実売2万9800円、SRS-BTX300はブラックとホワイトの2色で実売1万9800円となっている。

ソニー ワイヤレススピーカーシステム BTX500 ブラック SRS-BTX500/B
ソニー ワイヤレススピーカーシステム BTX300 SRS-BTX300
製品情報(SRS-BTX500)
製品情報(SRS-BTX300)

☆そのほかの新製品発売スケジュールはこちら→スマホ新製品ニュース - あんスマ

関連記事

2013年02月21日19時39分 公開 | カテゴリー: マルチメディア | キーワード:, | Short URL
このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事