スマホもワイヤレスで接続可能なBluetooth対応CD/SDレシーバーが発売

130205-a-teac02130205-a-teac03

自宅でスマホに入れた音楽を聴く場合は、ヘッドホンよりもスピーカーにつなげたほうがゆったりできる。スピーカーなどを用意するのであれば、せっかくだから音楽CDや、SDカードやUSBメモリといったメディアも再生できたほうが便利。ティアックから発売された「CR-H260I」は、Bluetoothに対応するほか、SDカードスロットやUSB端子もついた、便利なCD/SDレシーバーだ。

CD/SD/USB/Bluetoothに対応。最大35Wの低消費電力を実現

130205-a-teac01130205-a-teac04CR-H260I」は、Bluetoothに対応したCD/SDレシーバー。音楽CDのほか、カードスロットに装着したSD/SDHCカードや、USBメモリ内の音楽ファイルも再生できる。Bluetooth 2.1+EDR、A2DP/AVRCPプロファイルに対応しており、スマホなどのBluetooth機器をワイヤレスで接続して音楽再生を行うこともできる。ファイル形式はMP3/WMAに対応。USBポートにケーブルをつないで、スマホを充電することも可能だ。

低消費電力なのも特徴。デジタルパワーアンプを搭載し、最大時でも35W、待機時は0.5W未満に抑えられている。スピーカー出力端子は、本格的なスピーカーも接続できるスクリュータイプ、バナナプラグ対応。自分好みのスピーカーを接続して音楽を楽しむことができる。

このほか2系統のRCAピンジャックAUX入力、1系統のRCAピンジャックAUX出力、3.5mmステレオミニジャックのヘッドホン出力を装備。FM/AMのラジオ放送も受信可能だ。カラーはシルバーブラックの2色で、実売価格は2万9800円となっている。

ティアック Bluetooth対応CD/SDレシーバー (シルバー) CR-H260i-S
ティアック Bluetooth対応CD/SDレシーバー (ブラック) CR-H260i-B
製品情報

☆そのほかの新製品発売スケジュールはこちら→スマホ新製品ニュース - あんスマ

関連記事

2013年02月05日19時00分 公開 | カテゴリー: マルチメディア | キーワード:, | Short URL
このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事