シンプル&クリーンなGoogleカレンダーアプリ「Agenda Calendar」

Googleカレンダーのデータを利用できる、Android用のカレンダーアプリとしては、「Googleカレンダー」の純正アプリと「ジョルテ」が有名だが、「第三の選択肢」となり得る、使い勝手の良さとシンプル&クリーンなインターフェイスが特徴の「Agenda Calendar」が登場した。既にiPhone版で人気を集めているアプリのAndroid版だ。
最大の長所は、やはりインターフェイス。左右フリックで画面を切り替えていく作りになっており、真ん中が予定リストで、右に切り替えていくと「ある1日の予定リスト」「ある1個の予定の詳細」、左に切り替えていくと「月表示」「6ヶ月表示」となっている。これら全5画面を、フリック操作で切り替えていけるのだ。
まだファーストリリースから日が浅く、若干の問題もあるのだが、使い勝手の良い、美しいカレンダーアプリを探している人であれば試してみる価値アリだ。

参考

「Agenda Calender」のインターフェイス

Agenda Calendar - Google Play の Android アプリ

カレンダー毎に色分け表示されている予定リストがメイン画面だ。この画面だけを見ても、クリーンで美しいデザインだと言えるだろう。



本文通り、右にフリックしていくと、「ある1日の予定リスト」「ある1個の予定の詳細」となる。



左にフリックしていくと、「月表示」「6ヶ月表示」だ。これら各画面上の上下フリックで前の月などに移動できる。

「+」アイコンで予定登録。ただ、この画面が若干使いにくいように思える。例えば、予定タイトルが大きな太文字なのだが、再描画が若干重く、長いタイトルを入力する際に多少のストレスがある。また、時刻もいまいち設定しづらい。ここらへんは今後のバージョンアップに期待だろう。

ウィジェット機能は未搭載

Simple Calendar Widget - Google Play の Android アプリ

元々iPhone用だからか、ウィジェットは搭載されていない。必要な人は、「Simple Calendar Widget」など、別途ウィジェットアプリを導入する必要がある。

参考

関連記事

2013年01月24日16時38分 公開 | カテゴリー: ライフハック | キーワード:, | Short URL
このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事