アプリ履歴を呼び出す半透過ボタンをホーム画面/アプリ上に表示させる「SwitchApps」

「SwitchApps」は、「ホーム画面に戻る必要なくアプリ切り替えを行うためのアプリ」ということで、いわゆるサブランチャーの一つに数えられそうな、しかしサブランチャー自体を使ったことがない人でも導入しやすいアプリ。ホーム画面/各アプリの画面上に、半透過のアプリ履歴呼び出しボタンを表示させるのだ。ホーム画面に大量のアプリアイコンを置いている人でも、実際問題としていうと、よく起動するアプリは限られているはず。そこでアプリ履歴を一発で呼び出せれば、起動したいアプリをアプリ履歴から開ける、という訳だ。
なお、「SwitchApps」では、呼び出しボタンの形状や、後述するようにサイズ/透明度を自由に設定できるし、呼び出されるアプリ履歴も、OS自体に搭載されているもの/「SwitchApps」独自のものから選択可能だ。


SwitchApps - Google Play の Android アプリ



「SwitchApps」設定画面で「SwitchApps Status」にチェックを入れる。「SwitchApps Icon」で、アプリ履歴を呼び出すアイコンを選択しよう。「Recent Application Style」で、OS自体に搭載されているアプリ履歴/「SwitchApps」独自のアプリ履歴のどちらを利用するか選択。



以後、ホーム画面、各アプリ画面上に、選択したアイコンのアプリ履歴呼び出しボタンが表示される。ドラッグで好きな位置に移動可能だ。iPhoneのホームボタン代わりのAssistiveTouchみたいな感じ、という説明で伝わる人には伝わる、はず。



アイコンをタップすると、OS自体に搭載されているアプリ履歴、または、「SwitchApps」独自のアプリ履歴が表示される。表示の軽さと実用性的に、「SwitchApps」独自のアプリ履歴の方がオススメだが、好み次第だろう。

設定画面下の方で、アイコンサイズや透明度なども自由に変更可能だ。


ホーム画面アプリの機能でアプリ履歴を呼び出す

ホーム画面アプリによっては、「ホーム画面からアプリ履歴を呼び出す」を、簡単に実現することは可能だ。例えば「Nova Launcher」であれば、「ジェスチャーとボタン」で、「ホーム画面の何もないところをダブルタップした際にアプリ履歴を呼び出す」といった設定を行うことができる。ただ、この方法では、アプリ画面からアプリ履歴を呼び出すことはできない。「アプリ画面→ホームボタンを押してホーム画面へ→ダブルタップでアプリ履歴へ」といった感じなので、「SwitchApps」の「アプリ画面→アイコンタップでアプリ履歴へ」の方が早い。

参考

関連記事

2012年11月29日21時28分 公開 | カテゴリー: 便利化・快適化 | キーワード:, | Short URL
このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事