「フォトコレクション」のAndroidアプリでスマートフォン内写真&今後撮影する写真を自動アップロード

まずはスマートフォン用アプリをインストールし、「フォトコレクション」利用の準備を整える。初回起動時に、「docomo ID」を使ったログインが必要だ。「docomo ID」は、通常であれば電話番号(「08012345678」など)になっているはず。
ログイン後には、スマートフォン内の全ての画像をアップロードするか、または、現在保存されている画像はアップロードせず、今後撮影した分だけをアップロードするかを選択する。基本的には前者を選択すると良いだろう。ただ、スマートフォン内には、壁紙画像やCDのアートワーク画像など、撮影した写真以外の画像ファイルも保存されているはず。とりあえずそれらも含めて全ての画像をアップロードさせ、アップロード完了後に、それら写真以外の画像は手動で削除する、と作業を進めるのがオススメだ。もちろん、スマートフォンを買ったばかりで、まだ自分で撮影した写真がない、という人であれば、今後撮影した分だけをアップロードする設定で良い。
初期導入が終わると、以後、「カメラ」や他のカメラアプリで写真を撮影した後に、自動でその写真が「フォトコレクション」のストレージにアップロードされるようになる。このストレージは自分専用なので、アップロードしたからといって他のユーザーに公開されることはない。あくまで自分専用の写真保存庫、しかも後述するように自動整理もしてくれる、という感じだ。


フォトコレクション - Google Play の Android アプリ

初回起動時に長い利用規約が表示される。一番下までスクロールし、二つチェックを入れて「OK」

「ログイン」をタップ

「docomo ID」と「パスワード」でログインを行う。本文通り、通常であれば電話番号(「08012345678」など)になっているはずだが、まだアカウントを作っていない人もいるはず。その場合は「docomo ID 新規発行」から

設定を行う。本文通り、「対象ファイル」の選択が重要だ。「すべて」だと、スマートフォン内の全ての画像をアップロードし、さらに今後撮影する写真もアップロードする。「これから保存するファイル」だと、現在保存されている画像はアップロードせず、今後撮影した分だけをアップロードする

「操作ガイド」が表示されたら戻るボタンでメイン画面へ

撮影写真以外の画像を削除して導入作業完了

「対象ファイル」で「すべて」を選んだ場合には、スマートフォン内の全画像がアップロードされる。「全画像」なので、壁紙やアートワークもアップロードされてしまっている

「操作」「ごみ箱へ」をタップ

左に選択候補画像(この場合は全画像)が表示されており、これを右側にドラッグ&ドロップすると選択したことになる。この操作方法は他の箇所でも共通なので覚えておこう。不要な画像、つまり壁紙やアートワークなどを右側にドラッグ&ドロップしていく

不要な画像全てを右側にドラッグ&ドロップしたら「ごみ箱へ」「OK」

この作業は、あくまでストレージ内から当該ファイルを消すものなので、スマートフォン内の画像は残っている

これで、ストレージ内には撮影写真だけが残った

今後撮影する写真は自動でアップロードされる

以後、カメラアプリなどで写真を撮影すると……

自動でストレージ上にアップロードされる

目次

関連記事

2012年09月21日01時54分 公開 | カテゴリー: マルチメディア | キーワード:, , | Short URL
このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事