レイヤー機能や多彩な筆を備えた本格ペイントアプリ「SketchBook Mobile」が99円のセール中

Androidにはフリーハンドで絵を描けるペイントアプリも多数存在するが、中でもクオリティの高さに定評があるのがAutodesk Inc.の「SketchBook Mobile」だ。
エアブラシなどの多彩な描画ツールや、カンバスを複数の層に分けて別々に編集できるレイヤー機能など本格的な機能を備え、マルチタッチによる拡大縮小なども可能で操作性も良い。
無料版である「SketchBook Mobile Express」でもかなり多機能だが、有料版では利用できる筆の種類の大幅に追加され、直線や長方形、楕円を描画する機能や、レイヤーの移動や回転、拡大縮小機能の追加、レイヤー数の上限も緩和されるなど、さらに高性能になっている。
そんなSketchBook Mobileが、通常よりやすい99円で購入できる値引きセールを実施中だ。興味がある人は、ぜひこの機会に購入しておこう。

SketchBook Mobile - Google Play の Android アプリ




001

SketchBook Mobileを起動し、画面下部の円形のメニューボタンを押すとこのようなアイコンが表示される。



002003


上部ツールバーの右から2番目のボタンで筆の形と色を変えられる。設定パネル右上のスライダーのボタンを押すと、さらに詳細な設定も調節可能だ。


004

右から3番目のボタンでは、通常のフリーハンドから直線や長方形、楕円の描画モードに切り替えられる。


005

左から2番目のボタンでは、画面の回転や移動、拡大縮小などの操作が可能だ。


006

一番右のボタンでレイヤーの管理画面を呼び出せる。「+」のボタンでレイヤーの追加や画像の読み込みが可能。無料版では3枚までだが、有料版では6枚までのレイヤーを保持可能だ。

関連記事

2012年08月25日22時37分 公開 | カテゴリー: マルチメディア | キーワード:, | Short URL
このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事