不在着信がたくさんあったら要注意 折り返し連絡する前に「Garlic電話帳」で相手のイライラ度を推測する

所用で電話に出ることができない間に、不在着信がたくさん入っていた。そんなときはすぐに折り返し電話をしなければならないが、その前に、相手がどのくらいイライラしているか確かめておけば、下手に応対して逆鱗に触れることもない。
相手のイライラ度は、電話の呼び出し音をどれくらいの時間鳴らし続けたかで推測できる。「Garlic電話帳」を使えば、不在着信の際の正確な呼び出し時間を調べられるぞ。
普通は電話をかけて10秒も呼び出し音が続けば、相手が電話を取れない状態だということは分かる。それ以上、鳴らし続けるということは、すぐに連絡を取りたいという焦りの表れであり、至急の話であるのは間違いない。呼び出し音が20秒以上続くとなれば、先方はかなり相当イラ立っていると見ていいだろう。
電話に出るのをずっと待ち続けた相手は不機嫌になっているはず。折り返し連絡のときは、できるだけ低姿勢で、まずは電話を取れなかったことに対する謝罪から入るべきだろう。

呼び出し音を何度も鳴らす相手は間違いなく不機嫌

gar_01
「Garlic電話帳」を起動する。電話帳の検索やメールの複数送信機能など、いろいろな機能のあるアプリだが、ここで重要なのは不在着信の呼び出し音。「発着信履歴」をタップして開こう

gar_02
発信と着信の履歴が表示される。不在着信には、呼び出し時間が表示されているので、これで相手がどのくらいの時間、呼び出し音を鳴らし続けたかが分かる。あまり長い時間、鳴らしているときは相手がイラ立っている証拠。折り返しの連絡は低姿勢でいくことをオススメする

関連記事

2012年08月16日18時00分 公開 | カテゴリー: ソーシャル | キーワード: | Short URL
このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事