ツイキャスで配信&録画された動画のダウンロードテク&応用ダウンロードテク

ツイキャス上で流れた配信の中には、保存しておいて後から見返したい、傑作配信もある。ツイキャスのヘルプ等を見ても、動画のダウンロードについては何も書かれていないが、実は、「録画を保存する」が行われた動画であれば、動画をダウンロードすることは可能だ。個別動画ページのURLを、下で紹介するように少し弄れば、ダウンロード用のURLになる。このURLを、URLを渡せばファイルダウンロードを行ってくれる、いわゆるダウンローダーアプリに渡せばOKだ。
……と、ここまでがツイキャス動画ダウンロードの基本だが、さらに応用もある。「個別動画ページのURLを、一定の規則に従い、ダウンロード用のURLに書き換える」という作業を、アプリ「SupportText」に自動化させるのだ。スマートフォン上でURLを毎回チマチマ書き換えるのは意外と面倒だが、自動化させてしまえばワンタップ。ツイキャスにハマってきたら、「SupportText」を使った自動化テクをマスターして欲しい。

通常通り、Android上のブラウザで、ツイキャスの個別動画ページを開き、URLをコピー。

ダウンローダーアプリを起動。ここでは「WebDownloader」を使う。先ほどコピーしたURLを貼り付け、「movie」の部分を「download」に書き換え、末尾に「?dl=1」を追加。「http://twitcasting.tv/ansmakun/download/1234567?dl=1」のようなURLになればOKだ。このURLをダウンロード。

動画ダウンロードが行われるはずだ。

通称「サポテキ」、「SupportText」を使った応用ダウンロードテク

SupportText」を起動し設定ボタン「設定」。「ボタンの設定」「ユーザー定義ボタン」をタップ。

「User0」以下の好きな場所をタップし、以下のように設定を行う。

名称:(自由、後で自分が分かるように)
タイプ、エンコード:変更なし
正規表現
マッチパターン:http://twitcasting.tv/([A-Za-z0-9_]+)/movie/([0-9]+)
置換文字列:http://twitcasting.tv/$1/download/$2&dl=1
ヘルプ:(自由、後で自分が分かるように)

以後、ツイキャスの録画動画ページのURLをコピーした状態で「SupportText」を開き、自分が設定したボタンをタップすると……

自動で、ダウンロード用のアドレスに変換される。このアドレスをダウンローダーに突っ込めばOKだ。

通常の動画であれば、これでダウンロードを行うことができる。……ちなみに、前ページで紹介したプライベート設定がなされた動画の場合、403エラーでダウンロード不能。「この方法を使えばプライベート設定された動画も落とせる」という訳ではないので、プライベート配信を行う場合には安心して良い。

目次

関連記事

2012年08月03日03時12分 公開 | カテゴリー: マルチメディア | キーワード:, , | Short URL
このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事

家計簿 無料 アプリ