Google日本語入力がユーザー辞書や外付けキーボードに対応!しかし今回もマッシュルームには未対応

Android版の「Google日本語入力」がバージョンアップし、自由に単語を登録できるユーザー辞書や、USBやBluetoothによる外付けキーボードからの入力などの機能が追加された。
Google日本語入力にはWeb上の情報を元に構築された辞書が内蔵されているので、そのままでも多くの固有名詞を変換できるが、マイナーな漫画の登場人物名などにまでは対応していない。今回追加されたユーザー辞書を使えば、このような語句も変換できるようになるぞ。
単語は一つずつ追加するだけでなく、辞書ファイルからいっぺんに登録することも可能だ。辞書ファイルはパソコンの日本語入力ソフトからエクスポートする他、テキストエディタなどでも簡単に作成できる。また、ネットでも様々な辞書が公開されている。

今回のバージョンアップでも、他の日本語入力アプリで一般的な「マッシュルーム拡張アプリ」の呼び出し機能は搭載されなかったが、「マッシュルームシーケンサー」などの補助アプリを使えば補うことは可能だ。端末標準の日本語入力の変換精度に不満がある人は、Google日本語入力への乗り換えを検討してみよう。

Google 日本語入力 - Google Play の Android アプリ


001
パソコンで使っている日本語入力ソフトの辞書を移行したい場合は、「辞書ツール」などの画面で「一覧の出力」などの機能を実行しよう。


002
出力された辞書は、読み、変換先文字列、品詞をTab文字で区切って1行に1項目ずつ列挙したテキストファイルになっている。メモ帳などのテキストエディタで開いて直接書き込んでいけば、登録ダイアログで一つずつ登録していくより素早く沢山の単語を登録可能だ。


003
辞書ファイルをGoogle日本語入力のユーザー辞書として読み込むには、「ESファイルエクスプローラー」などのファイルマネージャで、SDカード上に保存した辞書ファイルを選択し、開くアプリの選択画面で「辞書ツール」を選択しよう。


004
すると「インポート先辞書の選択」画面が表示される。初期状態では新規辞書として追加されるが、他の辞書とまとめたい場合は既存の辞書を選択してから「OK」を押そう。


005
インポートが完了すると、辞書ファイルから取り込まれた単語が一覧表示される。上部の辞書名をタップすれば他の辞書に切り替えられ、メニューからは辞書全体の削除や新規作成などが可能だ。


006
左下の「+」ボタンを押すと単語登録画面が表示される。上に変換後のテキストと読み仮名を入力し、品詞を選択して「OK」を押そう。


007
「品詞」では、名詞や動詞の他にも、短縮ワードや省入力候補用の語句なども登録できる。挨拶などの決まり文句は「サジェストのみ」として登録するといいだろう。


008
登録済みの辞書の編集を行ないたい場合は、「言語と入力」内のGoogle日本語入力の設定から「辞書ツール」を選択すればいい。


009
このように、マイナーな漫画のキャラ名も変換候補に表示されるようになったぞ。

関連記事

2012年07月19日19時11分 公開 | カテゴリー: 文書編集 | キーワード:, , | Short URL
このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事