Googleドライブなどのファイルを任意のフォルダに保存したければ「SaveFile」を使おう

Googleのオンラインストレージサービス「Googleドライブ」のAndroidアプリでは、サーバ上に保存されているファイルを、そのファイルの形式に対応したアプリや「共有」インテントの受取りに対応したアプリで直接開くことはできるが、任意のフォルダに保存することは出来ない。
GoogleドライブにあるファイルをAndroid上のファイルマネージャで管理できるようにSDカード上にダウンロードしたければ、「SaveFile」を使おう。ほとんどのファイル形式の対応アプリとして登録され、ファイルを開くアプリの候補として表示される。一覧でSaveFileを選択すると、ファイルの保存先フォルダ指定画面が表示され、ファイルがコピーされるぞ。
「共有」の対応アプリとしても登録されるので、通常の「開く」には他のアプリをデフォルトとして設定しておき、保存したい場合は共有メニューから呼び出してもいいだろう。

SaveFile

savefile_001SaveFileをインストールしておくと、Googleドライブのファイルをタップしたときのファイルを開くアプリの一覧に表示される。

savefile_002一覧からSaveFileを選択すると、SDカード上のフォルダの一覧が表示される。フォルダを選択するとそのフォルダ内のフォルダの一覧が表示され、「上へ」で一つ上のフォルダの一覧に戻れるので、ファイルを保存したいフォルダに移動して「保存」を押そう。

savefile_003保存されたファイルは、ファイルマネージャなどで自由に管理できるぞ。

savefile_004共有インテントから呼び出すには、右の「▼」をタップして表示されるメニューの「送信」を選択しよう。

savefile_005共有インテントに対応したアプリの一覧が表示されるので、「SaveFile」を選択すればいい。

関連記事

2012年05月11日16時11分 公開 | カテゴリー: ファイル管理 | キーワード:, | Short URL
このエントリーをはてなブックマークに追加

家計簿 無料 アプリ

最新記事