au、「SIRIUS α IS06」「G'z One IS11CA」などを対象にセキュリティ管理サービスのトライアルを実施

SIRIUSG'zOne

KDDIは2011年11月より、auのAndroid端末を利用する法人を対象に、Three Laws of Mobility が開発したセキュリティ管理サービス「KDDI 3LM Security」の提供を開始する。本サービス提供に先立ち2011年8月下旬より、「SIRIUS α IS06」「G'z One IS11CA」「EIS01PT」を対象にしたトライアルサービスの提供を開始する。

「KDDI 3LM Security」は、メモリの暗号化、端末管理、アプリケーションの配信管理など、セキュリティ機能をOSレベルで実現するセキュリティープラットフォーム。アプリンのインストール制限をはじめ、端末ロック、カメラなど各種機能の利用許可を企業のIT管理者に委譲させることで、セキュリティ基準に沿ったシステム構築が可能となる。

なお、個人ユーザーに対しては、「KDDI 3LM Security」をベースにしたセキュリティーサービスを2011年秋より提供開始する予定だ。

SIRIUSG'zOnehyo

セキュリティ機能 デバイス内およびSDカード内のデータ暗号化やアプリケーションのインストール管理により、マルウェアや悪意のあるユーザからデバイスを保護。
デバイス管理 管理者によるリモートでのカメラ・Bluetooth・FeliCaなどのデバイス利用制限、アプリケーションの配信やリモート削除など、きめ細やかなデバイス管理が可能に。
セキュアなイントラアクセス デバイスからお客さまのイントラへVPN通信を用いて、セキュアにアクセスできる。

Android (TM) 搭載デバイス向けセキュリティ管理サービス「KDDI 3LM Security」の提供について | 2011年 | KDDI株式会社

関連記事

2011年07月28日18時14分 公開 | カテゴリー: セキュリティ | キーワード: | Short URL
このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事