通話履歴、GPS、写真撮影、音声録音なんでも遠隔閲覧可能!悪用厳禁盗難対策特集2

Cerberusは盗難防止用アプリの最高峰に位置するアプリだ。ESETやNortonといったセキュリティ対策用アプリにもCerberusの機能を一部含むものがあるが、それらよりも広範囲の端末情報を閲覧、操作できる点で優っていると言える。次に列挙するのが、主な機能だ。実際に見てみると、どれも個人情報の塊。こうした情報を外部からアクセスして取得できるというのが、このアプリの凄いところだ。

・通話履歴の閲覧
・GPSの取得
・カメラの遠隔撮影
・こっそり音声録音
・端末のロック
・警告メッセージの表示
・登録済みのSIMカード以外が挿入された際に警告
・内蔵メモリ/SDカードのデータの削除
・アプリケーションの秘匿化(アンインストール防止)

すなわち、もしAndroid端末を紛失してしまった場合でも、Cerberusがインストールしてあれば、遠隔で端末をロックして盗んだ人に中を見られないようにしたり、警告を送ることで情報の流出が止められる。SIMカードが抜かれた場合にも警告が発せられる。また、端末がどこにあるのか探し出し回収に行くこともできる。万が一GPSを切られたりした場合でも、音声の録音や通話履歴などが証拠となる。アプリはアンインストールされないように、秘匿化することが可能なので、インストールされている事を察知されずに遠隔操作可能だ。ただし、このアプリを他人のAndroid端末にインストールするのはくれぐれもしないように。その行為は法律で罰せられる可能性があるので、絶対に悪用厳禁だぞ!

ちなみに、350円のライセンス登録すれば、5台のAndroid端末にインストール可能。

Android端末にインストール

ss-480-0-14アプリをインストール後、起動したら最初にCerberusのアカウント作成しよう。パスワードは最低4文字必要となる。

ss-480-1-14起動後には、アクセス権限を付与するかという警告が出るので、それを許可しよう。デバイス管理者を許可出来れば「Status:Enabled」となる。これで準備は完了だ。

ウェブブラウザのコントロールパネルから遠隔操作

ss-1280-3-14管理画面にブラウザからログインしよう。アカウントとパスワードはAndroidのアプリ起動時に決めたものを入力する。

Cerberus dashboardデバイスの情報を見る場合は、「コマンド」から「デバイス情報取得」を選択する。電話番号や、IPアドレス、携帯キャリアの情報を分かる。

場所をトラッキングするには、「コマンド」から「トラッキング開始」を選択する。トラッキングが開始されると端末を逐一追い続けてマップにその位置を表示する仕組みだ。赤い道筋で移動した道のりが表示される。

13063051音声を録音する場合は、左上の「コマンド」から「音声録音」を選択して、録音する秒数を指定する。指定した時間後に音声のダウンロードができるようになるぞ。録音のコマンドが実行されていることは端末側からはわからないようになっている。

13063230通話記録を取得する場合は、「コマンド」から「通話記録取得」を選択して暫く待つ。発着信の履歴一覧を取得できるぞ。



13064825


20110713-062049威嚇として使えそうなオプションもある。「コマンド」から「メッセージでアラーム開始」を選べば、けたたましいアラームを鳴らしながら、警告メッセージを画面全体に表示することが可能だ。

有料アプリのライセンスを8名様にプレゼント

7月21日まで最も悪用厳禁なCerberusの有料ライセンス(約350円)を8名にプレゼントキャンペーン。(あんどろいどスマートへのリンクをTwitterでつぶやいて応募しよう!ハッシュタグは#androidsmart)。もっとも影響力のある発言をした上位8人が当選だ。

※影響力のある発言の算出方法は次のように行う。
影響力のある発言=exp(21 – 1.1*log(#フォローされている数))*RTされた数

たくさんつぶやいて、たくさんRTをもらおう!

AndroidSmartのTwitterを是非フォローしてね。

Cerberus

関連記事

2011年07月13日15時11分 公開 | カテゴリー: セキュリティ | キーワード: | Short URL
このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事